読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜行日和

短歌まとめ

だれも助けてはくれない

強く雨降りだす音に口中のクリームパンはかき混ぜられて

白い壁話しかけても話しかけても答えないなにもかも夜

シェアパックぐらいがきっとちょうどいいきみへの愛を食べて生きてる

カルピスとコーラを混ぜる割合は一対一と決めている春

ロックンロールになれなかった花束を抱いて海への近道を行く

新聞に載ることのない猫の死を何度も見届けてきた国道

助手席のリクライニングの角度会う度変わる人、変わらない人

生きている意味ってほんとにあるのかなメルティーキッスは期間限定

音楽を食べて生きてる怪物が泣いているのは春が来たせい

いま風になりゆく鳥の心臓が春の星座の角度をめざす

折り畳み傘しかなくて戦えない人にやさしく春雨落とす

深く吸うことができれば強く吐くこともできると思よ、きっと

かみさまと言葉がちがうことだけが気掛かりそっと目蓋を閉じる

また次のステージに上がるときのような気持ちでひとつ縁石登る

ああそうか、あの子にとってぼくなんかRPGの村人10だ

王様の指令のように降ってきて色褪せた街を照らす春雷

どうしてもだめなら別々にあるくあなたは朝へわたしは夜へ

選択のできないシミュレーションゲームのように地球は回り続ける

渦巻きの最初の位置に立ったとき誰にも説明されない最後

涙とは勝手なものと思っていたこらえられると知るこの日まで

トラロープに囲まれている菜の花が工事看板の彩りとして

もっとずっと月がきれいな日があった美術館などなくてよかった

スーパーで半額の豚肉を買うひとりできた道ひとりで帰る

昔から割り算が苦手だったから割り切れているフリだけ上手い

モーニングコールのようにやってくる春がハモニカ吹きながらくる

先生が泣くクラスメイトらが泣く騙されちゃだめ騙されちゃだめ

使い捨てカメラで撮れるだけ撮ったプリクラよりも鮮明な友

最後の日友だちはもう来なかったピッチの番号だけが残った

ハルシオンでは死ねないと知ったのはいつだったかな。高一の冬?

いつも今から始まってゆく祈りしづかにあすの綻びの音

ぼくたちは進む速度は同じでもすれ違わない轍になろう

じつはぼくの本体黒縁の眼鏡外せばきみの顔も見れない

夕暮れが始まっていくゆずマーマレードの瓶を開けたその時

透き通る雨が硝子の心臓を削って創る七色の骨

この空の間違えている可能性についてあなたの推論を聞く

野良猫の宇宙のような背を撫でてきらきら星を口ずさむ子よ

ほしふればざんこくショーのはじまりにぼくらのまちははくしゅかっさい

ぼくたちはともだちだよね満月が欠けても歯車が回っても

文学の退廃的な響き満つ少年少女のかの学舎は

人生のほんのひとときでもそれは夜を煮詰めたような苦しさ

青春について書かれた文章に万年筆で書き足すさよなら

どうしたら首を絞めても死なないでぼくの言うこと聞いてくれるの?

わたしにはわたしの夢があるんだよきみにかまっていられないほど

絶妙な角度に設置してるのでそのりんごには触らないでね

死体さえなければもっとマシな部屋なんだよほんと電気消そうか?

さようなら、明日きみとは十字路で会うかもしれない、会わないかもしれない

暖を取るものがなければこの本を燃やしていいよ遠慮はするな

こうやってしずかなよるもいいでしょうみみなりはほしのふるおとのこと

明日までそのままにしておくきみの指の角度を焼き付けた脳

親友のO(オー)に渡して欲しい物遺書の一番はじめに記す

今すぐに咲いてほしいというぼくと春を待ってる人のやさしさ

だれも助けてはくれない教室で鳥になったり魚になったり

目蓋にはほんとのことが書かれてて目を閉じたときだけ見られるの

わたしたちほんとの愛を手にいれる覚悟はとうに出来ているのに

目を閉じてまた目を開ける運命は光りつづけることを選んだ

ひとつだけ残ったりんご籠の中きっと夜中に手足はえてる

2017.3.1~3.31