読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜行日和

短歌まとめ

凍った惑星(ほし)

近くでは分からないのか離れたらきみの銀河はとても綺麗だ

ぼくたちの命を削る分度器の角度は原始より変わらない

虹だろうか いや、シャングリラ いや、桜 いや、モザイク画 いや、あれはブランコ

破れても力いっぱい震えてる 氷点下の流れ星たち

ぼくはぼく自身の避雷針であり電気を逃がす靴下の穴

脱水中二層式洗濯機を覗く人「何が見えるの?」「何も見えない」

ぼくたちが我慢をしてもしなくても生殖のために生きなくてよい

自分あてに残した覚え書きなぜか哲学めいている寒の入り

おそろしい声ばかりしてひかってるものすべて雨、胃が荒れている

あの人はぼくの凍った惑星(ほし)が好き。おしゃべり/おもちゃ/おしりが冷たい

いつまでもいつまでも工事中の夜が続けばだから泣きたくもなる

公園に埋めた心臓とマスカラ愛していたから殺してしまった

新品のフライパンで鮭を焼けそれは神様からの命令

冷たくて涼しくてもうすかすかで指のすき間に見えるあなたは

裏返ることのないまま青春が終わったひとりでB面を聞く

手の甲を噛みちぎるのはこわいからよだれを壁になすりつけてる

こんな全然おもしろくないぼくをのど飴あげる人に選ぶの

ラーメンが食べたいどうしたんだろうぼくの電気は付いたり消えたり

ぼくのじゃないからぶんぶんぶんぶん振り回す銀色の飛行機の置き物

そうそうぼくぺらぺらなんだもしかして月もぺらぺらかもしれないよ

ハンガーが足りない脱ぎ捨てた昨日たちが死体のように打ち上がる朝

この間、きみに左利きなの、と聞いた気がしたけど夢だった

え、そこで?!というところでエンストをし続けているのかお前は今日も

あ、流れ星、ではなくて未確認飛行物体の白いマフラーだった。

特別なことだと思いたくないしメールの返事は来なくてもいい

アンパンチ アンパンチ アンパンチ アンパンチ アンパンチ (濡れて力が)

温州の甘いやつだけより分けてあとは腐っていってもいいよ

なんなのかよく分からない虫が飛ぶ 払う (よかったほんものだった)

人びとが指さすそっちへ行けということかそれとも未来へワープ

自転車が一台駐輪場にありたったひとつで成り立っている

ぼくの愛した血と肉と生臭いきみの目玉がまわる晩餐

半分は透明で半分は青。僅か1%がぼくら。

左目はぼくの海なのごめんなさい。信じてたからびりびり破く。

そうやって道は分かれていくんだな 急に止まれの看板がある

賢さの種を食べればきみのことわたしのものにできるだろうか

止まれって言われて素直に止まってる場所で素直にシャッターを切る

幸せになってほしいと言われてる気がした 気がしただけでよかった

金縛りにあう直前にやってくる聖歌隊と赤い渦巻き

キーボードの海を漕ぎだす茶碗とかマグカップとかカレー皿たち

さむい日は布団のなかで羽根をもぐあしたはちょっと低く飛ぶのだ

透明な鱗の一枚一枚に書いた水性の愛が溶けだす

パンパンのリュックを背負って歩いてくちぎった夢を目印にする

窓に照る渇いた唇がぼくに生きろと言ったサービスエリア

星の代わり、ネオンの代わりに光る、ぶぶぶ文学を追え、宇宙船

置きっぱのギターが教えてくれました深呼吸することの辛さを

2017.1

ロングロングスリーパー

ネガだけを集めてぼくだけが住める国を造ろう 黒、黒、黒、黒、

録音はしないで地獄に落ちるから ぶつかっていくこのリフレイン


ぬるぬるのハンドクリーム塗りながらトースターとトーストの間に座る


スプーンもフォークもナイフも要らなくて目玉の一個しかない鳥よ


日本地図のかたちのティッシュをばら撒いて部屋中が日本の夜明け


血管をつたっていったストロベリーショートケーキ、甘くて、無風


友だちに借りた完全自殺マニュアルに勝手に赤線を引く


きみ史上、この扉を直したやつがぼくでありたくて扉を直す


ときどきは振り返りつつ、足下を確かめながらずっと歩いた


だれもいないときにちょっとだけ話す、昔話がしみじみしていい


電子レンジよりもちょっとだけ早く、終わりの合図を止める訓練


生まれてから最初の十五年、その後の十五年、それからの十五年


もう少しいい部屋に住みもう少しいい人になる予定のまま死ぬ


もう少し自分を好きじゃなかったら自分が嫌いと言わなくて済む


住み慣れた町を離れられずにいて生ゴミの日は忘れずに出す


くまのぬいぐるみの棺桶作るため牛乳パックを集めています


湿気てるマッチを一所懸命にこすり続けるような人生


がま口をぱくぱくさせてみたら、ああやっぱり光が欲しいのだろう


波音のようにあなたがぼくの名を呼ぶのでうれしくなってしまった


生きていることに初めて気づいた日、父はパチンコに行っていました


花札と麻雀を小学生に仕込もうとして徹夜した父


水溜まりの中がほんとの世界かも 行ってきますは言わずに行くよ


ぼくたちはロングロングスリーパー 死ぬまで夢を見続けている


"制限のある自由ならこちらです" "制限のない自由はこちら"


死にたみの中で向かい合うふたり、陽は芝生から芝生へ移る


今日の朝、カラスがつついてたやつと同じ弁当を買ってきて食う


大丈夫、二割引いたらこの中のひとりはいないことになるから


友達と飲んでそのまま「泊まってく?」って言われることが自由だったね


走り書きの名前が星に見えてくる 星ってこんな形だったっけ


ただの落下物だった頃にもどりたい 服もお菓子もなにもいらない


ひとりではできないこともふたりならできるし何度もあやとりを取る


会ってただ、言いたいのです 会いたいと言わないことは強がりだって


軽四で泣いたね夜明けが来ないこと祈っていたね二つに折れて


パトカーが通るたんびに「隠れて!」と叫ぶうなじが夜に浮かんだ


髪を染めヒールの高いショートブーツ、デリヘルほんとはやめてほしい


トラックの運転手という男とは、あれから上手くやっていますか?


燃料は夜の街角 満タンになるまで歌を歌いつづける


人間の足はいらない ぼくたちは夢の中では泳げるだろう


猫ばかり描かれたカップにコーヒーを淹れ光より早く走るよ


ほんとうのことはほんとはもういいの 毛布に身体を包んでしまう


この窓は閉ざされるため世界から切り離すため壊されるため


思い出の中だけで咲く向日葵の柄の黄色いシルクのスカーフ


骨を持つ生き物として手を繋ぐことは義務だと思いませんか

2016.11~12

ガスマスクの女

オルガンの音がしていたことがある、実家のわたしの布団だけの部屋


もう一度青春が来たときのため取りて置きたるパンクファッション


標本のような青空見上げてる箱庭の中のカフェオレボウル


表札がないからとっておきの名をつけようここがペガサス座です


安ピンでつついて膿を出していく そうしてぼくは首だけになる


細長い、更衣室にて喜びのあまり踊ればカニ歩きになる


雨の日の白鳥けふもなにひとつ異常はないという顔でゆく


水瓶座に産まれて深いかなしみに気づかれないようそうっと泳ぐ


なにもかも光ってみえる 銀色のドアの取っ手を磨いてるとき


眼鏡の中+眼鏡の外=世界の空はいつも二層だ


永遠に美しくあれ、永遠が永遠で無くなるくらい、黒


ウインナー、ぜんぶ火傷するまで焼きたい!欲望のまま一袋焼く。


この黒のこの塗り方が好きなんです、嗚呼、花びらがぱっと咲いて散


灰色の鳩は飛び立ち質量の重いものだけ地球に残る


母親に気づかれるようパンジーの花をむしって土に埋めてく


ねぇきみの投げたエクスカリバーがあばらに刺さって抜けない助けて


秋口にさっと羽織れる伝説の鎧こときみの薄いカーディガン


熱量はそれぞれ違うはずなのにぼくのハートはひとつしかない


クリームの何層もあるミルクレープ剥がすみたいに覗く12月


飼い主に脱いだ下着を掛けられてボイパし始めるウォーターサーバー


息をするみたいにInstagramするTwitterするFacebookしない


500円ぐらいは見ずに使えるし大人になったとみんなが言うし


マネキンがそればかり着る 都会ではこんなん流行ってますけど、何か


半額のシール貼られたお刺身と三十分の同棲をする


故郷には返れなかったカカオ豆と珈琲豆がぼくの中で会う


"Amazonのほしいものリストがガスマスクの女に会うとラッキー"


人間を、にんげんと、にんげんは、にんげんのにんげん、にんげんがにん


フライパンにはフライパンのフライパン生があるよね、恋も、悩みも

2016.11

ひなたぼっこなう

残飯になったばかりの弁当の蓋に当たってちゃんと鳴る雨


一人ランチ オムライスの上のトマトケチャップの酸味にむせる


できるなら働きたくない「ひなたぼっこなう」しか言わないbotになりたい


銀色のかまぼこ板で直接は言えないような話をしよう


同情でいいから優しくしてほしい 今だけぼくを見ていてほしい


雨傘雨傘雨傘雨傘コスモス畑がひかっている、ぬかるみに


そう、あたしが、あんたなんかと結婚した女の、娘だよ、まいったか


一匹で給湯室に住むハエをあわれと思い、ころしてしまう


MPが(痛いの痛いの飛んでいけ)MPが切れた(痛いものは痛い)


ぼくが血であなたが肉でその中の固いところが青い春だね


脳みそのいちばん甘いところからあなたを食べると決めていました


ぼく以外だれも使わないんだけどシャンプーの上にシャンプーと貼る


内臓が見えててごめん、なんか今日、そういう会って聞いてたんだけど


柿をむく動作も体が覚えていくことのひとつと祖母は教える


安ピンでつついて膿を出すように雨がぼくばかりに当たってる


もしぼくが乗っ取られたらその人をぼくと思って愛してあげて


ちょうちょかと思ったものが木漏れ日できみかと思ったものは、まぼろし


ぼくのため息に揺れてる友人の出産祝いのお返しタオル


やる気製作所に行って当日は二割増しだと言われて、悩む


覗くなと言われたら覗きたくなるし、深淵もきっとそうなのだろう


転んでも転んだことをいいわけにできない、33歳、独身。

2016.10~11

ハンバーガー

うつくしい色のインクの匂いしかわたしの手からしませんように

ざわめきに埋もれて歩く昼食のハンバーガーの切れ端のように

昨日から虫歯がとても痛むので食べやすく切った愛をください

信じてた悲しみだっていつまでもいっしょになんていてはくれない

この外の世界と繋がっていることの確認のためカーテンあける

かけちがえた釦のようにもういちどはずしてとめられないこころたち

カチカチのパン

こまかい雪混じりの風が吹いているあの世もこんな寒さだろうか

人間は甘酸っぱくてかなしくて七という字の腸の短さ

あの人がなんでもないと言いながらモーツァルトを聴いてる夕べ

忘れてはいけないぼくはだれからも愛されないし必要でない

水槽のうえにちいさな星がでて食い付いてみたらカチカチのパン

茫茫とちいさきからだちいさきめでまだあのころを漂流す腸(わた)


パラソル

息をとめそっとあたりを見渡せば生き生きとした吾以外なり

ユーミンの曲がかかって顔上げてみれば車は海岸線ゆく

殺された檸檬が酸っぱいそれだけで自殺未遂をしたくなる朝

だれかの忘れたパラソルの水色の泉触れたいふれたくない

ラヂオから染みだすRCサクセション静かに雪が積もるベランダ

空き缶は空き缶でしかないけれど空き缶になる前かっこよかった