夜行日和

短歌まとめ

うみ

新緑とか風薫るとか言いながら金魚がぼくの持つエサだけ見てる

アイラブユーなんてことばに逃げないでもっとわたしを不幸にしてよ

わたしたちを特別扱いしないでと特別扱いさせようとする

これは嘘だけどシロツメグサで冠をつくってあそんだよ、きょう

来るべき時に備えて猫の名を考えながらアイスを舐める

全身に拍手をくらえ自転車on雨合羽で暗やみを疾走

球体になりきれぬまま吐く息で地球がすこしあたたかい夜

そのままの形で生きたいだけなんだ染色体の数など数えず

花束をぶちまけたとき、わかるだろう これが五月のきねまぐらふだ

ひとという入れ物固くあの人もちょっと前屈みで泣いている

溶接の跡もりもりと折りたたみ自転車がアメリカより来たる

12時に別れるのってシンデレラみたいねほどける革靴の紐

これが腐乱死体の折れ線グラフ生前書いた詩の焼き回し

きみを吸収するガスマスク越しに 5月の空の青さとともに

光化学スモッグ浴びてゆく親子
くじらはゆっくり息継ぎをする

爽やかな風吹き抜ける非常ベルの前に明るいデスクを置きたい

お互いに足りないところを補っていけるよう足りないほうがいい

ていねいな暮らしを八百屋でひとつ買う明日のテロの準備をしよう

ねえ、なにもしていないのに世界が壊れたんだけど、どうしたらいい?

ぼくのシュノーケルときみのシュノーケルを交換しよう、月夜の晩に

アスファルトの船底照らす灯台が潜水艦に変わる瞬間

洗濯機の中で毛布は長かった冬を懐かしそうに語らう

カフェラテの海から突き出た潜望鏡見える?ぼくの部屋ぼくののどちんこ

この先もたぶんひとりで生きていく花と線路に守られている

さよならの練習ほんとのさよならがきたときの為さよなら世界

青空を売りにきました。手のひらに乗ります。少しあたたかいです。

ゆっくりとぷらねたりうむのまわる町までゆっくりとバスで行きます

はみだした分だけ強くなれるから力いっぱいはみだせクーピー

生きたくはないけど背中押す風がみな平等であってくるしい

台本を開く何かが書き足してあるよく見ればちいさくちいさく うみ
広告を非表示にする